大手着付け教室では、どのように売り上げを伸ばすかが重要になってきますが、一昔前と比べれば着付けをする人自体が減少していますので普通に経営をしていれば売り上げを伸ばすことはできません。

そこで、どのように売り上げを伸ばすかを考えるにあたりまず差別化を頭に入れておくとよいでしょう。

差別化とは、ほかでは真似することができないこと行っていることです。

すでに着物業界自体は新しい業界地図を描くことは難しくなっています。

また、新規顧客を大量に獲得しようと思っても、なかなか思った通りに獲得することができません。

そこで、大手着付け教室として行うべきことは、資金の多さからその資金を可能な限り広告に回し独自の集客力を誇ることです。

小さな企業の場合には、資金が間に合いませんので広告にお金を回してしまうと日干しになってしまう可能性があります。

しかしながら、大きなところの場合には、ある程度費用があるため積極的に宣伝をした方がよいといえます。

これは、どのような点において差別化が図られているかといえば、中小の着付け教室ではたくさんの宣伝費用をかけて宣伝することは決してまねができないことです。

このように差別化を図ることにより、中小のしつけ教室へと大きく差をつけることが可能になります。

後は、どの範囲で宣伝をするかが重要になりますが、大手教室の場合には、日本中に教室を構えている可能性が高いわけです。

この場合に必要になってくるのは、全国的に宣伝をすることになります。

ただ、最初にも述べたとおり昔に比べると着付け教室に通う人つまり着物を着る人が減少してきている傾向があります。

そこで、宣伝をする場合にもリスティング広告などを利用して宣伝するのが一番です。

依然としてアナログで行っているところもありますが、やはりインターネットの広告を利用することでより多くの集客をすることが可能になります。

これは、全国に教室があるからこそできるものです。

例えば、九州地方に住んでいる人がたまたまインターネット上の広告を見た時に着付け教室に通いたいと思っても、その着付け教室が東京と大阪にしかなければとうていかようことができません。

しかし、全国規模の教室ならば、九州地方にも何個所か教室がある可能性が高いため通いやすくなるといえるでしょう。

後は、どのような人に対して絞り込みを行うかも重要になります。

絞り込み行う場合には、完全にペルソナを決めることが重要です。

ペルソナとは、仮面などの意味がありますがビジネス上では特定のお客さんのことを意味しています。

ある特定のお客さんを頭の中にイメージをして、その人に対してどのように働きかければ振り向いてくれるかを必死に考えるわけです。

ペルソナを設定する場合には、およそ30代の女性あるいは50代の東京に住む女性などというものではなく、51歳で東京都練馬区に住んでいる兼業主婦の女性などとイメージを明確にしておくことが重要になります。

さらにそれだけでは足らず、子供が何人いるかそしてどのような理由で着物を着用するのかさらには、あまり関係ないと思われる趣味や特技はどのようなものかまでを明確にすると良いです。

なぜここまで明確にする必要があるかといえば、具体的なひとりの人物像を思い浮かべることにより、顧客に対して語りかける言葉がより明確なものにそして具体的なものになるからです。

このような経営戦略により、うまいこと顧客を集めることが可能になります。

ただ、この場合本当にペルソナとして設定した人しか教室にやってこないのではないかとの心配があります。

ですが実際には、ペルソナに設定していない人も教室に訪れることが多くこれがターゲットを絞ることの面白みと言えるわけです。