【春田氏まとめ】プライベートジェットでビジネスを成功に導く!

「プライベートジェットに興味がある」
「朝日航洋株式会社について詳しく知りたい」
「春田英樹さんとプライベートジェットの関係は?」

プライベートジェットは、ビジネスジェットと呼ばれることもある航空機サービスの総称です。
お金持ちの人の中には自家用機を保有されているケースもあるようですが、海外の富豪の中には自宅の敷地内に滑走があり、そこから離発着ができるなど普通に考えることができない大富豪も存在しています。
ビジネスジェットの場合は、最寄りの飛行場が離発着の場になるのですが、日本の中には大小様々な企業がビジネスジェット(プライベートジェット)のチャーターサービスを展開しており、これを活用することで短時間での目的地への移動と迅速な対応などにより重要な契約を成功に導いてくれるなど、ビジネスに欠かせない存在といっても過言ではありません。

春田英樹 魅力的な旅客機のシート

朝日航洋株式会社について

サービスを提供する企業の一つに朝日航洋株式会社があるのですが、この企業は業界ナンバーワンの総合航空サービスを幅広く展開しているなどの特徴があります。
その事業の一つ救急医療の現場で実績を持つ航空医療搬送の運航が挙げられます。
病院の中には屋上にヘリポートが設置してあって、ドクターヘリでの患者さんの輸送の際に利用できるところも少なくありません。
航空医療搬送の運航は、ヘリコプターではなく小型機を使ったサービスになるもので地上から接近が困難になっている山間部や会場への物資輸送、航空撮影や報道の取材など色々な分野での実績を持ちます。

航空医療輸送と同じく急速な成長を遂げているのが、自由なフライトプランおよびプライベート空間を手依拠できるビジネスジェットです。
ヘリコプターと比べると空港滑走路が必要になって来ますが、ヘリコプターよりも移動速度が速いので目的地までの時間も短縮できるメリットがありますし、航空機ならではのスピードと機動力を活かせるなどの理由からビジネスの分野で業界をリードし続けているといいます。

朝日航洋株式会社の強み

朝日航洋株式会社には、空間情報事業と呼ぶ高精度な空間データを幅広い業界で活用できる音波・電磁波など最先端のデジタルセンサーを使って、利用目的にある航空レーザー計測も得意にしているようです。
モービルマッピングシステムや海底探査など、そして航空レーザー計測などの技術を用いて高い解析技術と癒合させて高精度な空間データを作成できる強みがあります。
これらのデータは道路・上下水道・ガス・電気などのインフラ整備で活用されている、ハザードマップや避難経路の位置情報などのような防災支援の分野でも活用されているなどの適用範囲は広いものがあります。

なお、朝日航洋株式会社のプライベートジェットはスピードがビジネスの成否を決める時代に対して、多忙なビジネスマンをサポートするサービスでもあり定期便がない空港もアクセスができる、お客さんの集うに合わせた形でフライトプランを作ることが可能にするため移動時間の有効活用に役立てることができます。

費用対効果を考えると料金が気になる人は多い

プライベートジェットは確かに移動に最適なものになるけれども、費用対効果を考えると料金が気になる人は多いのではないでしょうか。
朝日航洋株式会社は日本の主要空港だけでなくロシア・韓国・中国・台湾・フィリピン・グアムやサイパンなどの海外の飛行場を利用したフライトプランも可能などからも、海外での契約などのときに一刻も早く現地入りしたいときなど役立つ存在になってくれます。
一般的な旅客機の場合は出発時刻が大幅に遅れてしまうこともありますが、これは到着時刻が大幅に遅れることで生じるトラブルです。

フライト予定時刻は計算されているのですが、天候(気流など)不良で安全な状態で飛行する目的でフライトスケジュールが乱れることも少なくありません。
到着が遅れたとしても、それから燃料の補給作業に点検などが行われるわけですから、数時間出発がおくれることも珍しいことではないわけです。

プライベートジェットは専用機になるのでスケジュール通りに出発できる

その点、プライベートジェットは専用機になるのでスケジュール通りに出発できますし、到着時刻は天候に左右されるけれども、遅れることを想定して出発時刻を早めることも可能です。
なお、利用するときには空港ハンドリング料が費用に含まれるのですが、空港ハンドリングとはグランドハンドリングと呼ばれるもので、航空輸送においての空港地上支援業務です。
主に、ブッシュバック(航空機に特殊車両を接続した状態で車両の動力で後方へ押し出して移動させる作業)、燃料給油や機体汚水処理、トーイング(航空機にトーイングカーで引っ張ること)や貨物の積み下ろしなど空港業務に対する報酬が空港ハンドリング料です。

まとめ

利用料金はサービスを提供する会社などにより異なるのですが、朝日航洋株式会社を例に解説すると、羽田国際空港から那覇空港までが約750万円で、フライト時間は約3時間でソウルまでは約870万円で2時間50分のフライトです。
一見高額なものなので利用する会社はないのではないか、このような印象もあるのですが重要な契約の中にはそれが成功しないと数十億もの損害になるものもあるので、お金をかける価値はあるわけです。