【最新版】神社へ月参りをしませんか

「神社にお参りに行こうと考えている」
「月参りって何?」
「お参りに関するルールやしきたりを知りたい」

日本にはたくさんの神社がありますが、月参りをしていますか。
毎月、お参りをしに行くと言うわけですが、これはやっていない人が多いのかもしれません。
多くの人は、お正月に初詣に行っていますがそれだけになっているのではないでしょうか。
確かに、お正月にお参りに行くことはとても良いことですしご利益があると言われています。

年に一度だけのお参りも悪いわけではありません。
忙しい人であれば、年に一度のお参りがやっとと言うこともあるはずです。
お正月だけはゆっくりできるので、ようやく参拝できると言うのは仕方がないことかもしれません。
ただ、できれば月に一度の頻度に変えた方が良いでしょう。

毎月1日と15日にお参りすると良い

できることであれば、毎月1日と15日にお参りすると良いです。
月の初めである1日や月の折り返しである15日が特におすすめです。
両方でも良いですし、どちらか一方でも構いません。
時間がある時に、これらの日付を狙って月参りをしてみませんか。

月参りは、絶対に1日か15日に行かないといけないのかと言うと、必ずしもそう言うわけではありません。
お朔日参りや十五日参りと言う言葉がありますが、何日じゃないといけないと言う決まりはないので、行ける日で良いです。
毎月、2日の方が行きやすいと言うことであれば、それでも構いません。

絶対に毎月決まった日にじゃないといけないのかと言うわけでもありません。
土日は休みだけど、平日は仕事だから無理だと言うようなことはありませんか。
毎月いつ行くのか決まった日に行ける人はそうすると良いですが、それが無理であれば行けるタイミングでも良いでしょう。

氏神様へ月参りするのも良い

どんな運がアップするのかが気になるかもしれません。
縁結びの神様が祀られていたり、仕事運や金運の神様が祀られていると言うように、それぞれの神社によって違います。

自分にとっての氏神様を大切にするためにも、氏神様へ月参りするのも良いです。
つまり、近所で構わないと言うことです。
日本では、八百万の神と言う言葉がありますが、それだけたくさんの神様がいます。
たくさんの神様がいるだけではなく、たくさんの人がいますので、自分が住んでいる場所を担当している神様にお参りすることが大事と言うわけです。
と言うことですから、むしろ氏神様に参拝することが大事です。

ただ、どうしても恋愛運だとか結婚運をアップさせたいだとか、金運が下がってる感じがするので金運アップさせたいと強く願う人は多いでしょう。
できれば、氏神様と自分が運をアップさせたい神様が祀られている神社と両方お参りするようにしませんか。
もちろん、片方だけでも構いません。
氏神様以外にお参りしてもバチが当たらないのでお参りしたいところへ足を運んでも良いでしょう。

神様への感謝の気持ちを忘れないように

ついつい神様にお願いばかりをしてしまいませんか。
素敵な人と巡り会えないかだとか、より良い仕事ができるようにと言うような感じで参拝した時にはお願いをしてしまう人が多いです。

自分のお願いを叶えたいと思って神社参拝する人が多いです。
それが悪いわけではありませんが、神様への感謝の気持ちを忘れないようにしてください。
お願いばかりをしてしまう人がいる一方で、感謝の気持ちだけで済ませる人もたくさんいます。

何か神様に感謝したいことはありませんか。
特に何かトラブルがあるわけでもなく、平穏に暮らせているだけでもそれは幸せなことではないでしょうか。
当たり前になっていることに対しては、それが幸せだと感じなくなってしまうこともあります。
月参りをするタイミングで、当たり前だと思っていることが実は幸せなことだと気づかせてくれるきっかけになるかもしれません。
そして、そのことを気持ちにして参拝すると良いのかもしれません。

毎月の月末にその月の穢れを祓っておくと良い

12月31日を大晦日と言っていますが、毎月末日は晦日と呼ばれています。
毎月の月末にその月の穢れを祓っておくと良いですが、なかなか難しいかもしれません。
半年に一度であれば、無理なく穢れを祓うことができるのではありませんか。
6月と12月になると、神社の参道に茅の輪が設置されます。
茅の輪くぐりをすることで、半年分の穢れを祓うことができるので、やってみてください。

茅の輪くぐりのやり方は、茅の輪の近くに書いてありますのでその通りにやりましょう。
この他にも、人の形をした人形の紙を使って体についた穢れを祓うこともできます。
こちらもやり方がありますが、必ず説明書きがありますので、その通りにやってみてください。

お正月の初詣だけと言う人が多いですが、運気をアップさせたり穢れを祓うためにも月参りを考えてみませんか。
今では、御朱印を集めている人が多くなりましたから、自然と月参りをするようになったという人も多くなったのかもしれません。

まとめ

神様に感謝の気持ちを伝えたり、挨拶をすることは大切なことです。
これまでやったことがなかったと言う人も、これからは毎月神社に参拝する月参りをすることを考えてみませんか。

 

こちらもおすすめ
神社本庁とは?役割や取り組みについて調査