かかりつけの歯科医院

「かかりつけの歯科医院を持ちたい」
「健康問題に真剣に取り組んでいる」
「初芝で歯科医院を探している」

子どもの貧困やジェンダー平等や人種差別や教育格差や異常気象や大地震やハラスメントやブラック企業や食品ロスやインフラ老朽化など、日本が取り組まなければならない課題・解決が困難な社会問題は数え切れないほどたくさんありますが、最も深刻で大きな問題と言えばどんどん加速する少子高齢化です。
後継者不在や労働力不足や老老介護や空き家や認知症患者急増や年金制度崩壊や高齢ドライバーによる交通事故多発など、少子高齢化がもたらす二次的な社会問題も根深くなります。

人生100年時代を生き抜かなければならない

国や自治体の行政サービスに期待しすぎたり年金に頼り過ぎたりせず、国民一人一人が高い意識を持って自力で人生100年時代を生き抜かなければならない厳しい局面を迎えています。
健康寿命を延ばすことや長く働いて収入を得ることが国民全員が掲げる共通テーマになりつつありますので、お金を稼ぐためにも健康な体づくりには力を入れていく必要があります。

歯を奇麗にする方法である矯正歯科治療

重症化するリスクが上がる病気・健康問題は多い

  • 変形性膝関節症や関節リウマチや変形性股関節症や腰部脊柱管狭窄症や五十肩や四十肩や骨折や骨粗しょう症など骨・関節にまつわる整形外科疾患
  • 睡眠障害や更年期障害や認知症や物忘れやうつ病や適応障害やPTSDや自律神経失調症や依存症や恐怖症など脳やメンタルに関する障害・疾患
  • 肩こりや神経痛や腰痛やひざ痛や下肢静脈瘤やこむら返りや浮腫みや頭痛や末端冷え性やエコノミークラス症候群など血流障害に伴う不調
  • 下痢や嘔吐や胃痛や腹痛や吐き気や便秘や食欲不振や残便感や膨満感や血便やタール便や粘液便などの胃腸障害
  • インフルエンザや風邪や肺炎や熱中症や帯状疱疹後神経痛やノロウイルスなど免疫力低下が原因となる病気
  • 眼精疲労や老眼や白内障や緑内障や加齢黄斑変性症や視力低下など目の問題など加齢によって発症する確率・重症化するリスクが上がる病気・健康問題

は多いです。

最も多くの国民を悩ませている生活習慣病

その中でも最も多くの国民を悩ませているポピュラーでありふれた健康問題と言えば、動脈硬化や痛風や脂肪肝や高血圧症や糖尿病や高尿酸血症や脂質異常症などの生活習慣病です。
血糖値やコレステロール値や肝機能数値や血圧や中性脂肪値が軒並み高めだけど、年齢のせいにして対策を怠ったり見て見ぬふりをしたり軽んじて放置したりしている方は多いのではないでしょうか。
人間ドックやクリニックでの血液検査や職場の生活習慣病予防健診などで数値の悪さを自覚しているなら、なるべく早い段階で数値を改善させるための対策を始めるべきです。
特に怖いのが動脈硬化で、血栓が出来て血液がドロドロになり血管がしなやかさを失うと、脳卒中や虚血性心疾患の発症率が一気に上がります。
対応が遅れると突然死に至ったり合併症を患ったり言語障害・下半身不随・記憶障害などの後遺症が出たりなど、とにかく恐ろしい病気のリスクファクターになり得るということを忘れてはいけません。
栄養バランスが偏った食事メニューや塩分・脂肪分の過剰摂取や脱水や運動不足や喫煙など、動脈硬化症の原因になり得るものは日常に数多く潜んでいますが、歯周病が原因で動脈硬化が発症するというケースもあります。

きちんとした口腔ケアを受けてお口の健康を守る

お口の問題と血管の問題は無関係という認識を持つかもしれませんが、両社は密接な関係にあり、歯周組織で増えた歯周病菌が血管の中へと侵入して悪さを働くと、血管内にプラークが出来て動脈硬化症の発症につながるというメカニズムです。
そこで重要になってくるのが、かかりつけの歯科医院を見つけてきちんとした口腔ケアを受けてお口の健康を守ってもらうという対策です。
内科や眼科や耳鼻科や皮膚科や整形外科のかかりつけ医はいるけど、歯科のかかりつけ医はおらずその都度歯科医院を探して受診しているという人は意外と多いです。
成人の8割以上が歯周病を患っているというデータがありますので、40代に突入したら歯周病予防や歯周病治療を意識した口腔ケアに努めるべきです。

関連:初芝 日置荘 | ひきしょう歯科クリニック

今すぐにかかりつけの歯科医院を見つける

  • 歯茎の腫れや赤みやピリピリ感やむず痒さがあり歯磨きの際に歯ブラシが歯茎に当たると毎回出血する
  • 歯茎痩せや歯茎下がりが加速し歯周ポケットが拡大し食事をすると歯と歯の隙間に食べかすが挟まる
  • 歯の根元の部分にプラークや歯石がびっしりとこびりついている
  • 口の中が常にねばついていて家族に口臭のきつさを指摘されることがある

など、歯周病の症状があらわれていて対策の必要性を感じているなら、今すぐにかかりつけの歯科医院を見つけてお口の健康サポートを依頼しましょう。

まとめ

かかりつけの歯科医院を持って定期的に通院することのメリットについてですが、

  • 3ヵ月に1回程度の定期検診を受ける習慣が身につき自ずとお口の健康に対する意識やオーラルケアに対するモチベーションが向上する
  • クリーニングやフッ素塗布などの予防歯科診療を受けていると歯周病の重症化や虫歯のリスクを大幅に低減できる
  • 知覚過敏や歯茎の腫れや口内炎や顎の不具合など気になる悩みがあればすぐに医師に相談できる

などがあります。