青汁にはいろいろと体に良い成分が入っています

「青汁生活を始めたい」
「青汁の成分や飲み続けると期待できる効果について知りたい」
「青汁でダイエットできる?」

青汁を飲む人は増えていて、今では馴染みの深い健康飲料です。
青汁は高い栄養価の緑黄色野菜を使った汁で、もともと平安時代に生まれたと言われています。
日本最古の医書である医心方にも記載されていて、栄養価の高いケールを原料にしたものが作られました。
しかしケールだけでは飲みづらいので、大麦若葉や明日葉・桑の葉などが含まれていることが多いです。

医学部予備校の特徴などについて説明します

今では飲みやすく改良されている青汁

今では飲みやすく改良されていて、大部分を緑黄色野菜が占めています。
ケールはビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいて栄養価が高いです。
カルシウムが特に豊富で、メラトニンで睡眠の質を向上します。
美肌効果や便秘改善、高血圧予防や生活習慣病予防にも効果があり、栄養バランスが良いのでおすすめです。
大麦若葉も含まれていて、甘みがあるので飲みやすくなっています。
食物繊維がケールよりも多く、鉄が豊富で貧血予防に向いています。

便秘や心筋梗塞糖尿病予防にも期待できる

美肌効果や高血圧予防などに効果があり、便秘や心筋梗塞糖尿病予防にも期待できます。
明日葉は食物繊維がかなり豊富で、βカロテンやカルコンによる抗酸化作用があります。
造血作用が期待できるビタミンB12が豊富で、カリウムもたくさんあるのでおすすめです。
美肌効果やむくみ予防、高血圧予防も期待することができ、野菜の中でも特にビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれています。
カルコンと呼ばれているポリフェノールがあり、ダイエットや美容に向いています。

ダイエット効果や免疫アップ効果がある

青汁にはいろいろなメリットがあり、ダイエット効果や免疫アップ効果があるので便利です。
ダイエットしている人におすすめで、豊富な食物繊維と酵素が含まれています。
食物繊維は便秘に良く、便秘で苦しんでいる人に向いています。
食物繊維で腸をきれいにすることができ、善玉菌を増加したり美容にもメリットがあります。
大人の1日当たりの食物繊維摂取理想量が24gになりますが、健康食品を使ってうまく活用することが可能です。
酵素は代謝機能をアップするので、痩せやすい体質に改善することができるでしょう。
免疫力アップ効果もあり、飲み続けると食物繊維によって腸内環境を改善することが可能です。

まとめ

腸内環境を整えながら善玉菌や悪玉菌などのバランスを整えていき、免疫細胞がうまく活動できるようになるので、結果的に免疫力が高まり健康な体になる仕組みです。
病原菌が入って来ても体内にある免疫機能で跳ね返すことができるようになるので、丈夫な体を作るため青汁は必要でしょう。

参考文献:青汁おすすめドラッグストア